ゴルフレッスンプロなら、自分に合ったティーチングプロ、ゴルフインストラクターが見つかるかも!!

Golf-LessonPro

初心者から中級、上級者まですべての方のゴルフ上達を応援!!

ゴルフレッスンプロについて

レッスンプロってどんな資格?

「ゴルフを教えてくれるのはレッスンプロ」。それって当たり前のように聞こえますが、じつは「レッスンプロ」という呼び方は正式な資格の名称ではありません。「ゴルフを教えるプロ」を認定する団体も数多くあり、それぞれが独自の名称を用いているのが現状です。「ゴルフを教えるプロ」の総称として「レッスンプロ」という呼び方があると考えてください。

 では、レッスンプロを認定する団体にはどういうものがあり、それぞれどんな資格を与えているのか、ざっと紹介しておきましょう。

image

 まず、日本のプロゴルフ界最大の団体、本家本流ともいえる、社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)があります。PGAは、文部科学省管轄で「プロゴルファー」を認定している唯一の団体であり、認定する資格は「トーナメントプロ(TP)」と「ティーチングプロ(TCP)」の2種類。前者はテレビで中継されるようなプロのトーナメントに出場する技能を持つことを認定する資格。そして後者が「ゴルフ指導技能に優れ、広範にわたるゴルフ知識及びPGA指導要領を取得した者に付与され、ゴルフの普及と発展を目的に活動します」と定義される、いわゆるレッスンプロの資格です。現在TCPにはB、A級の2階級で認定されていますが、06年以前のシステムで認定されたC級のティーチングプロもいます。実務経験や講習会で研鑽を積み、上位ランクに昇級することができます。ちなみにTPでありながら、TCPの資格を取るプロもいます。つまり、「自分ができる」ことと「人に教えられること」は別であり、「教える技術」は特別な技術だからです。

 また女性に関しては日本女子プロゴルフ協会(LPGA)がやはり「ティーチングプロ」資格認定制度を持っており、ティーチングアシスタントからC、B、A級という階級で教える人材を育成しています。

 それら2団体のほか、「米国のゴルフ界を支える3団体のひとつ」といわれる米国ゴルフ財団(NGF:日本を含むアジアでこの組織の権利を有するのはNGFファーイースト)のインストラクター資格、同じく米国において近年興隆してきた米国ゴルフ教師連盟(USGTF:日本ではUSGTFジャパンが資格を認定)のティーチングプロ資格などが著名です。さらにそれ以外にもいくつかの団体(社団法人全日本ゴルフ練習場連盟=JGRA、日本インストラクタープロゴルフ協会=JIPGAなど)も、それぞれ独自のプロ資格の認定をしているという現状があります。

 そのほかには、プロを教えるプロ、ということで有名になったレッドベターのように、「教える特別なノウハウ」を伝授するために、デビッド・レッドベター・ゴルフアカデミーというスクールを組織し、そこでやはりインストラクターの資格を認定している例もあります。

 いわゆる「レッスンプロ」と言っても、大きな団体、権威ある組織から比較的小さな団体まで、多種多様に認定した「プロ」があるということです。「比較的小さな団体」の中には、もしかすると「自分が認定、または生徒が認定」というパターンもあるとも言われています。ただ、認定した組織、あるいは所属団体によって「教えの質」が決まるとはいえないことは確かです。

自分に合うレッスンプロを探そう

レッスンプロと一般に呼ばれるプロにも、いろんな資格やレベルがあることはおわかりいただけたと思います。ではそうした資格を取得し、教える技術を持っているレッスンプロならば、誰に教えてもらっても、同じでしょうか? いいえ、それは違うと断言できます。

 数年前、ある世界的なトッププロがコーチを替えたことが大きなニュースになりました。コーチを替えたのは間違ったことを教えるからとか、教え方が悪かった、ということではなく、そのときのそのプロの状態に合わなかったから、といえるでしょう。それぞれのコーチにはそれぞれの特徴があり、どういうことを身につけさせるのが得意とか、どういう状態のゴルファーの調子をよくするのが得意、などということがあるからです。

 こうしたことは、一般のゴルファーが教えてもらうときも同じです。あなたのいまの状態に合う教え方が、きっとどこかにあるのです。普通ならじっくりと時間をかけて、行きつ戻りつしながら上達の道を歩むものなのに、合う教え方をするプロと巡り会えたならば、ぐんぐんと驚くほど早く上達することもあり得るのです。そうしたレッスンを提供してくれるプロを探すことをお手伝いするのが、当サイトです。

image

 レッスンをどこの誰に習うかは、大きく分けて二通りの探し方があると思います。ひとつは「ゴルフスクール」を探す方法。この場合は、基本的に、レッスン会場は決まっています。自宅付近、あるいは通勤経路などアクセスしやすいロケーションで探したスクールに、「これは・・・」と思える教え方をするプロがいればラッキーです。が、スクールのクラスの曜日やレベルの分け方によって、希望するプロに習うことができない可能性もあります。

 しかも多くの「ゴルフスクール」では、「カリキュラム」に従ってレッスンが進められることが主体です。同時に習う人数が多い場合などは、あなたに合わせたレッスンとしては、十分な満足感を得られない可能性もあります。

 もう一つの探し方としては、個人営業のレッスンプロを捜すという方法があります。個人営業のレッスンプロたちならば、あなたの都合に合わせたレッスン時間や場所のアレンジが可能な場合も多いのです。気の合うキャラクターのレッスンプロとの取り組みなら、やる気もわくし、長続きもするでしょう。もちろん、マンツーマンのレッスンばかりではなく、仲間を集めてグループとしてレッスンを申し込むことも可能です。しかもレッスン内容は、あなたや仲間の皆さんの状態に合わせて最大限に配慮されるはず。本当にあなたのニーズに合ったレッスンが期待できるのです。

 当サイトでは、そうした「教える技術」を磨いているプロフェッショナルたちを厳選して紹介しています。あとはあなたのやる気次第。上達の近道を見つけ、効率よく、しかも最大限にうまくなっていってください。

サイドメニュー

  • ゴルフレッスンプロ募集(登録受付中)
  • ゴルフスクール探しなら
ゴルフスクール&ゴルフレッスンナビ
  • 本格ゴルフスクールで使用されるレッスン器具ネットショップ
おすすめ練習器具